【2024最新】奈良でアサイーボウルは食べれる?ブーム到来の理由と共に解説!

「奈良県でアサイーボウルって食べられる?」

「最近アサイーボウルってよく見るけどどんな食べ物なの?」

この記事を読んでいる方はこのような悩みをお持ちではないでしょうか。

そこで、本記事では今ブームが来ているアサイーボウルは奈良で食べれるのか、そもそもなぜブームが来ているのかまで詳しくご紹介しています。

更に、美味しいアサイーボウルを見極めるポイントまでご紹介していますので是非お役立てください。

「アサイーボウル」とはどんな食べ物?

アサイーボウルとは、アサイーという果物にバナナや豆乳などを加えて作ったスムージー状のものの上に、グラノーラやバナナ、いちご、キウイなどのフルーツ、ナッツ、はちみつなどをトッピングして食べるブラジル発祥のデザートです。

なぜアサイーボウルブームが到来したのか?

アサイーボウルが人気となった理由は、味だけでなくその「栄養価」と「見た目」にあります。

アサイーの豊富な栄養価

アサイーはスーパーフードとして注目を集めるほど、その豊富な栄養価が特徴です。

ビタミン鉄分、カルシウム、食物繊維などが豊富に含まれている他、アントシアニンという抗酸化物質が多く含まれていることから、特に健康や美容に敏感な女性から高い人気を誇っています。

インスタ映えする見た目

アサイーボウルのもう一つの人気の理由として、その鮮やかな見た目が挙げられます。

アサイーボウルの色鮮やかなフルーツのトッピングや、丸いお皿に盛り付けられた可愛らしいビジュアルからSNS上でも非常に人気となっています。

また、これら2つの理由以外にも自分好みにアレンジしやすいという点も人気の理由の一つです。

店舗でも様々なトッピングで販売されていますが、自宅でも色々なトッピングを試しやすいため、自分好みの味を楽しめることも魅力的です。

以上のような理由で、近年の健康意識の高まりやSNSの活発化からアサイーボウルブームが到来したと思われます。

美味しいアサイーボウルを見極めるポイント

もちろん好みには寄りますが、日本で一般的にどろっともっちりとした食感のアサイーが好まれることが多いようです。

というのも、アサイーが人気になった理由としてブラジルからハワイに渡り、ハワイで広く食べられるようになったのがきっかけ。

そのハワイではアサイーをスムージー状にする際にアサイーと同量の豆乳で溶くため、さらりとした食べやすい食感になります。

一方で、日本では少量の豆等で溶くため、ハワイとは違い、もちっとした食感のアサイーボウルが多いようです。

実際にSNS上でもさらっと食感よりもちっと食感のアサイーボウルが好まれる声を多く見かけることから、日本人の口にはもちっと食感の方が合っているのかも知れません。

奈良県でアサイーボウルは食べられる?

そんなブーム到来中のアサイーボウルですが、都市圏ほどではないものの奈良県でもアサイーボウルを提供しているカフェはいくつか存在します。

奈良県橿原市にあるNICO’S CAFE&TABLEさんのアサイーボウルは、その味やボリュームはもちろん、0.5mm~1mmでカットされたバナナなどのトッピングによる芸術的な見た目からも、連日完売が続くほどの人気ぶりです。

また、奈良県奈良市恋の窪にあるFuzzy Factoryさんのアサイーボウルは自家製のグリークヨーグルトを使用したこだわりのアサイーボウルを提供しています。

他にも専門店ではないものの、ブームに従いアサイーボウルを提供するお店は増えているため、奈良県でもこれからアサイーボウルを食べられる機会は増えていくでしょう。